メールマガジン

株式会社博報堂ダイレクトが発行するメールマガジン「博報堂ダイレクト通信」のバックナンバーを掲載しています。
ご購読を希望の方は件名に「メルマガ配信希望」とご記入の上、info@hakuhodo-direct.co.jp宛てにご連絡ください。

今、サブスクリプションモデルが注目される訳とは?
博報堂ダイレクト通信 2018年2月号

■---2018.2.19---------------------------------------
博報堂ダイレクト通信 2月号
今、サブスクリプションモデルが注目される訳とは?
----------------------------------------------------

こんにちは、博報堂ダイレクトの渡辺です。

今回は、いま注目を集める「サブスクリプションモデル」について
ダイレクト視点から、注目される理由、今後のマーケティング活動へのヒントなどについて、
お話しできればと思います。

ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

取締役常務執行役員
渡辺 創吾

―――INDEX―――――――――――――――――――――――――――――
1)【今月のコラム】今、サブスクリプションモデルが注目される訳とは?
2)【知っておきたい!TOPIC】 海外サブスクリプションモデル 事例紹介
3)お知らせ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■1)今月のコラム――――――――――――――――――――――――――――

昨年11月頃、“ラーメン業界でもサブスクリプションモデル導入”
というニュースが流れ、ちょっとびっくりしました。

関東でガッツリ系ラーメンを展開する「野郎ラーメン」が始めた、
月額8600円で毎日ラーメンが食べられるというサービス。

決済や店員さんとのやり取りは、すべて「野郎ラーメンアプリ」で完結。
だいたい10日くらい食べると元が取れるような設計になっているようで、
毎日でも食べたいコアなファンにはとてもうれしいサービスのようです。

ちなみに、野郎ラーメンのプレスリリースに、
「赤字覚悟のサービスですので、食べ盛りの学生や働き盛りの18~38歳までの
私たちが定義する『野郎世代』のご利用に限ります」とあり、
彼らなりに自社の優良顧客をしっかり定義し、
そのためのサービスであることをきちんとメッセージしているあたりは、
単なる話題性狙いだだけではない意思のようなものを感じました。

------------------------------------------------
■サブスクリプションモデルとは
------------------------------------------------
サブスクリプションモデル(サブスクと略されこともありますが)とは、
モノを買い取るのではなく、モノやサービスの“使用権”を一定期間借りる(契約する)
というビジネスモデルで、いわゆる“定額制サービス”のこと。

DTPソフトで有名なAdobeが、
2013年にPhotoshopやIllustratorを箱売りからクラウド販売に切り替え、
売上、継続利用率を高めたことをきっかけに、
デジタル業界を中心に導入が進んでいます。

ケータイのパケ放題、Apple Music、Netflixなどの
定額制の音楽や動画配信サービス、Amazonプライムなど、
デジタル系、ネット系では普通になってきましたが、
冒頭のラーメン屋さんをはじめ、リアルな業態でもその導入が始まり、
ちょっとした話題になっています。

料金定額制とは少し異なりますが、
我々がお付き合いしている健康食品や化粧品通販企業でも、
毎月、同じ商品をお届けする“定期コース”という販売制度を採用し、各社とても注力していますが、
これも広い意味ではサブスクリプションモデルの一つ。

と考えると、実は、我々も日々、
サブスクリプション的なモデルとどっぷり向き合ってきたともと言えます。

------------------------------------------------
■いまサブスクリプションモデルが注目される意味
------------------------------------------------
では、改めて、サブスクリプションモデルが
今、注目される意味はなんでしょうか。

通販会社の定期コースもそうですが、
単発購入ではなく、期間で契約するこのモデルは、
企業にとっては、継続的かつ安定的に収益が見込めるというメリットがあり、
ユーザーにとっても、都度購入するより、お得かつ便利である、
という双方にWinWinなよく出来たモデルなのです。

人口が増えず、新しいお客様がつくりづらい今の時代では、
一人のお客様に、いかに長く自社の商品やサービスを利用していただくかが
非常に重要な経営課題になってきています。

そのためには、

・長く利用したいと思ってもらえる自社ならではの商品やサービスを開発すること
・長く利用しているお客様に一番メリットを感じてもらい、ファンになってもらうこと

の2点を追及するということがとても大切で、
それをビジネスモデルにしたのがサブスクリプション、と言えます。

また、もうひとつの大きな流れに、
“所有価値から使用価値へ“という生活者の意識変化があります。

「所有すること」よりも、「使いやすいこと」が選択基準になってきている訳です。
それも、サブスクリプションモデルが注目されている背景の一つだと思います。


数年前から、世界的な自動車メーカーが、
「これからは、モノづくりで勝負するのではなく、
“モビリティサービスプロバイダー“として、
顧客に様々な価値を提供できなければ生き残れない」
と言っていることも本質的には同じこと。

企業と顧客が、どうすれば
長期的かつ良好なリレーションを築くことができるのか。

そのヒントが、サブスクリプションモデルにあるということだと思います。

我々の主戦場であるダイレクトマーケティングの世界では、
早くから顧客LTV最大化をゴールに、
様々なマーケティング活動を設計・実践してきました。

今回お話ししたサブスクリプションモデルにかかわらず、
顧客との長期的かつ良好な関係構築に課題をお持ちの際は、
是非お気軽にご相談ください。

--------------------------------------------------
▼お問い合わせはこちらから
http://www.hakuhodo-direct.co.jp/inquiry/
--------------------------------------------------

■■2)知っておきたい!TOPIC――――――――――――――――――――

今回トピックスでは、海外発の特長的なサブスクリプションモデルを使った
サービスをいくつかご紹介します。

----------------------------------------------------
◆音楽ストリーミングサービス 「 Spotify 」 (スウェーデン)
----------------------------------------------------
世界中で1億人以上のユーザーが利用している、世界最大手の音楽ストリーミングサービス。
日本では、2016年9月からサービス開始。
広告付き無料プラン(Spotify Free)でもはじめの30日間は
月額980円のプレミアムサービス(Spotify Premium)を体験できる。

----------------------------------------------------
 ◆高級車ブランド利用サービス 「 Book by Cadillac 」(米国)
----------------------------------------------------
アメリカの高級車ブランドとして有名なキャディラックが、
車のサブスクリプション型利用サービスを提供。
月額1500ドルから、無期限で同ブランドのモデルに乗ることが可能。

----------------------------------------------------
 ◆化粧品サンプルサービス 「 Birch Box 」(米国)
----------------------------------------------------
月額10ドルで、申し込み時に髪や肌タイプ、美容に関する悩みなどを入力すると、
その情報に基づいて毎月5つの化粧品サンプルが送られてくるサービス。
試して気に入ったものがあれば、オンラインショップですぐ同じものを購入することができる。

----------------------------------------------------
◆その人に合った服を毎月お届け 「 Bombfell 」(米国)
----------------------------------------------------
あらかじめサイト上で記入したデータやFacebookなどのSNSデータ等をもとに
その人に合った服を毎月送付。届いたら10日間試してみて、
欲しいものだけにお金を払い、そのほかは返品できるサービス。

■■3)お知らせ――――――――――――――――――――――――――――

博報堂DYグループ 生活者データ・ドリブンマーケティング通信にて
弊社代表取締役の松田、取締役常務執行役員の渡辺のインタビュー記事が公開されました。

--------------------------------------------------
▼大切にしている思想は、「データを成果に換えること」です。
(前編) http://seikatsusha-ddm.com/article/02821/
(後編) http://seikatsusha-ddm.com/article/02837/
--------------------------------------------------

こちらもぜひご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回は2018年3月中旬配信予定です。

▼▼ 博報堂ダイレクト お問い合わせ先 ▼▼───────────
お問い合わせメールはこちら(info@hakuhodo-direct.co.jp
何かご不明点・ご要望などございましたら上記連絡先までお願い致します。
──────────────────────────────
※メール配信解除希望の方は、受信されたアドレスより件名もしくは本文に「配信停止希望」の旨を記載し本メールにそのまま返信する形でメールをお送りください。
※既に配信停止をご連絡いただいた場合でも、ご連絡いただくタイミングにより、メールが届く場合がございます。予めご了承ください。
※受信アドレスと別のアドレスでメールを送信すると停止できません。その際は、停止すべき受信アドレスの明記をお願いいたします。

──────────────────────────────
株式会社博報堂ダイレクト
東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー
▼HP
http://www.hakuhodo-direct.co.jp/

お電話からのお問い合わせはこちら
03-6441-8784
平日10:00〜17:00
Webからのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
TOP