メールマガジン

株式会社博報堂ダイレクトが発行するメールマガジン「博報堂ダイレクト通信」のバックナンバーを掲載しています。
メルマガご希望の方は「個人情報の取り扱いについて」に同意の上、件名または本文に「メルマガ登録する」と記載し送信してください。

「まだ諦めてはいけません!獲得不況時代の突破口とは?」
博報堂ダイレクト通信 2019年12月号

Marketing Innovation Powered by Direct
2019.12.3
博報堂ダイレクト通信

2019年12月号
まだ諦めてはいけません!獲得不況時代の突破口とは?

皆さん、
こんにちは。博報堂ダイレクトの秦です。

今年も残すところ1か月ですね。
待ちに待った2020年がやって来るせいか、
例年の年の瀬より、そわそわしているのは私だけでしょうか?

今年1月のメルマガで「中国語の試験に挑戦にする!」
と公言した私は、有言実行すべく10か月間ラジオ講座を聞き続けました。
そして先々週、ついにHSK 3級、4級の試験を受けました。
現在、合否の結果を待っております。
(3級は自信がありますが、4級はぎりぎり受かっていればと・・)

中国といえば、先日のアリババ「独身の日」の取扱高は、
トータルで史上最高の4兆1780億を記録したそうです。
楽天の年間取扱高が3兆7800億ですから、たった1日で
楽天の年間取扱高を大幅に超えたことになります。

やっぱり、中国EC市場には夢があるなぁと思われた方も多いのでは?
我々も、中国市場、台湾市場進出の頼れるパートナーとともに、
お手伝いが出来ますので、ぜひお声掛けください。

今月のコラム

まだ諦めてはいけません!獲得不況時代の突破口とは?

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■まだ諦めてはいけません!獲得不況時代の突破口とは?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、今回のテーマは、「獲得不況時代の突破口」です。

最近、こんな声を本当によく聞くんです。
「今の半分の効率で獲得できていた時代が懐かしい」
「獲得効率が落ちて新規獲得に掛けられる費用を減らしている」
「いよいよCRMに本格的に取り組まなくては・・」
などなど。

この状況を何とか突破できないかと、
半年間アンテナを張り巡らせ、情報収集し、実際に試したものも含め、
これはおススメできると思った8つの施策をご紹介します。

<8つの施策>

  1. 1 アフェリエイト界のトップとゼロスクラッチで組み上げる大量獲得策
  2. 2 インスタフル活用で大規模獲得を成功させたメソッドの横展活用
  3. 3 自社休眠顧客を活用した安全なアウトバウンドによる効率的定期獲得
  4. 4 他社保有顧客リストを活用したテレマーケティングによる初回定期獲得
  5. 5 EC表示速度の速攻スピードアップ施策によるCVR向上
  6. 6 成果報酬型TVPRを活用した番組露出による自然検索流入策
  7. 7 1年後に自然流入10万人を目指す、コンテンツマーケティング策
  8. 8 LTV最大化のためのCRM。ブランド力で作り上げるデランデッドCRM構築

いかがでしょうか?

先月あたりから、数社にだけご案内しましたが、
幾つかの施策を検討、導入させてもらっており、
早速、成果も出始めていますよ。

この中でご興味をもたれた施策がありましたら、
博報堂ダイレクトの秦までお気軽にお声掛けください。

PS.今月から博報堂ダイレクトで、
   株式会社ファインドスターの豊田氏の
   半常駐が始まりました。

   博報堂の営業の方で、カタログ同封、同梱メディアに
   ご興味のある方は、ご説明に上がりますので、
   ぜひお声掛けくださいませ。

--------------------------------------------------
▼詳しくはホームページよりお問い合わせください
http://www.hakuhodo-direct.co.jp/inquiry/
--------------------------------------------------
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回は2020年1月配信予定です。

▼▼ 博報堂ダイレクト お問い合わせ先 ▼▼───────────
お問い合わせメールはこちら(info@hakuhodo-direct.co.jp
何かご不明点・ご要望などございましたら上記連絡先までお願い致します。
──────────────────────────────
※メール配信解除希望の方は、受信されたアドレスより件名もしくは本文に「配信停止希望」の旨を記載し本メールにそのまま返信する形で
メールをお送りください。
※既に配信停止をご連絡いただいた場合でも、ご連絡いただくタイミングにより、メールが届く場合がございます。予めご了承ください。
※受信アドレスと別のアドレスでメールを送信すると停止できません。その際は、停止すべき受信アドレスの明記をお願いいたします。

──────────────────────────────
株式会社博報堂ダイレクト
東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー
▼HP
http://www.hakuhodo-direct.co.jp/

お電話からのお問い合わせはこちら
03-6441-8784
平日10:00〜17:00
Webからのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
TOP