メールマガジン

株式会社博報堂ダイレクトが発行するメールマガジン「博報堂ダイレクト通信」のバックナンバーを掲載しています。
ご購読を希望の方は件名に「メルマガ配信希望」とご記入の上、info@hakuhodo-direct.co.jp宛てにご連絡ください。

「エジソンと29分とスターウォーズの話」
博報堂ダイレクト通信 2020年1月号

Marketing Innovation Powered by Direct
2020.1.15
博報堂ダイレクト通信

2020年1月号
エジソンと29分とスターウォーズの話

◆エジソンの名言
「失敗図鑑」(大谷正人著)という本がTVで紹介されており、私もちょっと
読んでみました。
偉人たちも最初から成功したわけではなく、失敗を重ねることで、最後に栄誉を
つかんだ、というエピソードが多く載っています。子供向けではありますが、
大人にも勇気と希望を伝えるものになっています。
その本でも紹介されていますが、かの発明王エジソンも、数多くの失敗を重ね、
失敗王という異名もあるとのこと。それに対し、エジソンはこんな言葉を残して
いるそうです。

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」
これ、ダイレクトレスポンスの仕事には通じるものがあります。あれこれ考えて、
この原稿は「鳴る」(レスポンスが多くある)と思ってみたけど、大外し。
でも、それは、こういう訴求ではうまくいかないという知見を学べたと考えれば
よいのだと。いわゆるPDCAというやつですね。

同じくエジソンの名言の、
「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である。」
には、勇気をもらえる気がしますし、
「絶えず変化を求める気持ちと不満こそが、進歩するために最初に必要となるものである。」
は、博報堂グループ全体にも通じる大切な考えだと思いました。

◆29分CMの苦戦
通販商品を訴求する30分近いCMを皆さんもご覧になったこと多いかと思います。
かつてはダイレクトレスポンスの必勝パターンとして重宝され、CM枠の取り合い
状態でした。
そんな29分CMが最近少し苦戦状態と言われています。
(レスポンスが悪くなってきた)
そこには、いろいろな要因があると思いますが、明らかな理由は言及されていません。
ただ、そもそも先人たちの発明であったこの手法も、すっかり一般化してきています。
ユーザーが登場して体験を語る、今回は特別価格でご提供、そんな手法が定着して
きましたが、「ああ、またこのタイプのCMね・・・」という感じで、生活者に
飽きられ始めたのかもしれません。
常套手段を突き破る、何か新しい変化が必要になってきている気がします。

◆スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け
中2の時に劇場で初めて観て以来、スターウォーズは私にとって特別な映画です。
年末に最新作にして、シリーズ完結作でもある表題の作品を見てきました。
驚きの結末とか、泣ける、とかの前情報にワクワクしながら。

さて、これもダイレクトの常套句である、「※あくまで個人の感想です」であり、
あまりに大きな作品への小さな意見として赦してもらえることを願いますが、
うーん、正直そこまでの感動は私にはありませんでした。もちろん、それでも
楽しむことはできましたし、エンターテイメントとして成立しているとは思います。
ただ、過去の作品の、「えーそうなんだ!」という驚きや、見たこともない
映像への感動などは少なく。
私が年を取っただけだということを抜きにして考えてみたのですが、やっぱり
大きくなりすぎてしまったのかな、と思います。
ハリウッドという巨大なシステムの中で、スタッフも数千人規模、絶対に失敗は
許されないし、物語を完結させなくてはいけない。そんな中、どこかで「守り」に
入ってしまうのも、それはそれでヤムなしかなとも思った次第です。
(繰り返しますが、あくまで個人の感想です。)

◆2020年の博報堂ダイレクト
今年もやっぱり、新しいことにどんどん挑戦していきたいと考えます。
変化を恐れず、失敗を怖がらず、いや、失敗なんてそもそもなく、
すべては発見であり、進化なのだと。
皆様のご支援をぜひ宜しくお願いいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

博報堂ダイレクト 松田真治

--------------------------------------------------
▼詳しくはホームページよりお問い合わせください
http://www.hakuhodo-direct.co.jp/inquiry/
--------------------------------------------------
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回は2020年3月配信予定です。

▼▼ 博報堂ダイレクト お問い合わせ先 ▼▼───────────
お問い合わせメールはこちら(info@hakuhodo-direct.co.jp
何かご不明点・ご要望などございましたら上記連絡先までお願い致します。
──────────────────────────────
※メール配信解除希望の方は、受信されたアドレスより件名もしくは本文に「配信停止希望」の旨を記載し本メールにそのまま返信する形で
メールをお送りください。
※既に配信停止をご連絡いただいた場合でも、ご連絡いただくタイミングにより、メールが届く場合がございます。予めご了承ください。
※受信アドレスと別のアドレスでメールを送信すると停止できません。その際は、停止すべき受信アドレスの明記をお願いいたします。

──────────────────────────────
株式会社博報堂ダイレクト
東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー
▼HP
http://www.hakuhodo-direct.co.jp/

お電話からのお問い合わせはこちら
03-6441-8784
平日10:00〜17:00
Webからのお問い合わせはこちら
お問い合わせ
TOP